パパの自由さに嫉妬。ママだってたまには自由にしたい!

 

こんにちは、ちいママ(@365d_mama)です⭐

 

出産をして子育てが始まると、ママには自由が無くなります。

ですが、この自由のなさは常に苦痛を伴う訳ではありません。

かわいい我が子と一緒にいられる時間は本当に幸せでかけがえのない時間です。

 

特に子供が小さいうちは、休日関係なく常に24時間体制で育児をし、何をするにも子供のペース。

いくら幸せといってもママも人間です。疲れだって溜まります。

 

そんな時、自由に過ごしている旦那さんに嫉妬をしてしまうことってありませんか?

 

ちいママ
好きな時間まで寝て、好きな時間にご飯を食べて、自由に行動できてずるい!

 

頭では母親だから仕方ないと分かっていても、気持ちがついてこれない時もありますよね。

 

つい先日私はその状態に陥っていました。

 

その時にふと思ったのです。

ちいママ
ママも自由にすごしてみたらいいんじゃないか?

 

パパと同じようにママも自由にすごしたらどうなるなるのか、実験をすることにしました。

 

半日だけママも自由に過ごしてみる

 

この実験をしようと思ったのが突然だったため、まだ起きていなかった旦那にはなにも言わずに実験をすることにしました。

休日の我が家の生活

今回実験をするにあたり、普段休みの日を私がどう過ごしているのか、生活を細か目に紹介していきます。

(あくまでも一例です(*^ω^))

 

AM6:00 ママの目が覚める。

 

6:30 長男起床。その音で下の娘も起床。授乳を済ませ行動開始。

子供たちを着替えさせ、自分の支度もぼちぼちして、朝食を作る。

 

7:00 長男と一緒に朝ごはん

 

7:30 片付けなど家事を開始

 

8:30 子供と遊びながら、自分の事も進める

家の中で遊んだり、近所の公園へ連れ出すことも。

 

9:00 下の子を寝かせる

 

9:30位 パパ起床。パパの朝ごはん作る。たまに自分でやることもあり。

 

10:00 長男の遊び相手、出かける支度

 

10:30位 下の子起床。授乳。

この後は、買い物に行ったり出かけることが多いです。

 

13:00~14:00位 帰宅して、子供たち昼寝。だいたいパパも昼寝(笑)

ママは散らかったおもちゃや買った物の片付け、洗濯物もしまいまーす。

終わったらママも少し自分の時間。

そうこうしているうちに、子供たち起床。

お風呂の準備や、ご飯の準備などしてあっという間に夕方です!

パパは起こすまで起きないこと多々。

お風呂は無理矢理起こします。

 

だいたいこんな感じで1日を過ごしています。

午前中は家事と子供と遊ぶ時間で終わることが多いので、今回は午前中を自由に過ごしてみようと思います。

 

旦那の寝てる時間が多いことは、ここではあえて触れないでおきますね(笑)

 

自由に過ごす中でのルール

 

自由に過ごすと言っても、子供たちはまだ自分で全て出来るわけではないので、ルールを決めてやることにしました。

  • 子供たちがママを必要としているときには必ずそっちを優先する
  • 旦那のことは一切やらない
  • 外出はしない
  • 家事は午後にまわす!(ちゃんと子供のご飯は作るよ!!)
  • 怒らない
こうやって書くと分かりずらいかもしれませんが、大雑把に言うと、授乳と子供のご飯以外はほとんど何もしないということですね。

 

怒らないと掲げたのは、自由に過ごしているのに何かを言う資格はないと思ったからです。

そもそも家事をするわけでもないので、旦那が何時に何をしようとなんの支障もきたさないはずですし、怒る理由もないのですが、一応。

 

いざ、実験開始!

 

いつも通り朝ごはんを済ませた所で、自由時間突入!!

ちいママ
なにしよー!!\(^o^)/

このときは自由に過ごしていいという解放感でいっぱいでした!

 

長男は着替えを嫌がったので、本人が着替えると言うまで見守ることに。

パジャマのまま自由に遊び回っていました。

下の子はママの見える位置に寝かせて、ママはとりあえずPCに向かいます。

 

途中、ぐずった下の子をあやしたり、長男の相手をしていましたが、一時間くらいはPCに向かっていられました。

実際はもっと長くPCをやっている感じがしていましたが、まだ自由になって一時間。

 

ちいママ
こんなにPCに向かっていていいのかな…

 

この時点で、既に不安と罪悪感に襲われていましたが、半日だけと割りきって、思う存分楽しむことに。

 

旦那が起床してきましたが、おはようの挨拶だけして、PCカチャカチャ。

 

何かを察知したのか、自らご飯の支度をして食べ始める。

 

私は下の子だけ寝かせて、またPC。

(PCしかやることないんかい✋笑)

 

長男くんはDVD見たり、隣におもちゃを持ってきて遊んだりしてました。

長男くんは最近突然に話す言葉が増えたのでPCをいじりつつ一緒にお話はしていました(*^ω^)

 

ご飯を食べ終えた旦那はいつも通り一服しにお外へ。

私はひたすらPCをいじります(笑)

 

旦那
今日なんか冷たい(*´・ω・)
ちいママ
そんなことないよ~
旦那
何かあった?

 

普段とは違い、ここまでまったく旦那を構うことがなかったうえ、何も説明をしていなかったので、この時点で自由に過ごしていることを伝えました。

ここでは一度納得をしてくれました。

 

その後も子供の相手をしつつ、PCをやりつつ、意外と長く感じた半日が経とうとした時、

旦那
つまんない~(*`エ´*)
ちいママ
えっ( ・д・)
旦那
冷たいからつまんない(`へ´*)ノ!
ちいママ
ええーΣ(*´◯`ノ)ノいつもパパが寝てばっかりの時私だってつまらないんだけど(*`Д´*)!!
旦那
そ、そうか( ゚ロ゚)!!
ちいママ
うん。じゃあとりあえず出掛けよっか(*´・ω・)

 

はい、これにて実験終了。

 

私の予想では、子供にもっとぐずられて早い段階で自分の事が出来なくなると考えていましたが、まさかの旦那につまらないと言われる結果に。

 

そして、自分としては家事を後回しにしたしわ寄せが来ることについて、思ったより気にならずに過ごせていました。

ですが、自分でやりたいことをしているよりも、子供と全力で遊んだり、旦那のあとをくっついて回っている方が断然楽しく過ごせていると感じました。

(旦那と一緒に何かしているのがとても好きなのです)

旦那の自由さに嫉妬をすることはありますが、いざ自分が自由になるとそれはそれで寂しいもので、結局は無い物ねだりということだったのでしょう。

もっと短時間且つ、一人で過ごす場合にはまた違った結果になったのかなと思います。

 

自由になってみた結果

今回実験している最中、旦那にお昼まで何も言われず、なんとも思われずだったら寂しいななんて思っている自分がいました。

そして、旦那のつまらないという感情に可愛さを感じ、普段自分が感じている嫉妬も、もっと自分達(私と子供たち)に構って欲しいからだということに気づきました。

 

私は旦那に笑われるくらい常に一緒に居たがりますが、それはそれで旦那も嫌ではなかったんだなと、

(つまんないと言われたから構って欲しいんだなと勝手に解釈。笑)

何となく幸せな気分になれたので、この実験はやってみてよかったと思います。

改めて家族の事が大好きだと気づけました。

 

私はこのような結果になりましたが、家庭によって結果はそれぞれだと思いますので、旦那さんの自由さに嫉妬心を抱いているのであれば一度自由になってみてはいかがでしょうか。

気分転換にはなると思います。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました💓

以上、ちいママ(@365d_mama)でした⭐

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です