【出産準備】これだけあれば大丈夫!必要最低限で揃えよう

 

今回は2児の出産育児の経験を元に最低限揃えておくべき出産準備品の紹介をしていきます!

この記事の内容

 

 

ママの出産準備購入品

では、私が一人目の出産準備の時に購入したものを紹介します。

 

  • 入院用パジャマ 2セット(前開き)
  • 授乳用ブラ 3枚 (妊娠前より、1カップもしくは2カップ大きいもの)
  • 母乳パッド(使い捨てのもの)
  • 産褥ショーツ 2枚
  • 生理用ショーツ 3枚
  • とこちゃんベルト
  • マザーズバック(入院の荷物をこれでもっていきました)

とりあえずこれだけ買っておけば問題はありません。

入院の際に、季節によってはもう少し用意したほうが良いものもありますが、現時点では必要ありません。

私が入院の際に準備したものは下の記事に書いていますので、臨月間近になったらぜひ目を通してみてください♪

【出産準備】ママと赤ちゃんの入院に必要なものリスト~冬産まれ~

 

それでは、準備したものの選び方など詳しく説明していきます☆

入院用パジャマ

 

入院用のパジャマを選ぶポイント

  • 授乳しやすいように胸元にボタン
  • 前開きで丈が膝丈くらいのワンピースとしても着れる物
季節によって生地の厚さに多少の違いはありますが、産院は基本的に室温が快適な温度になっているはずなのであまりこだわらなくても大丈夫です。

膝丈のワンピーズだと、産後の内診の際にワンピースだけで行けて着替える手間もなく楽ちんでした♪

 

授乳用ブラ・母乳パッド

 

授乳用ブラは最低で3枚は必要になってきます。

母乳パッドをしていても意外と濡れてしまう事ってあるんですよね。

ですが、変えるのを心配して多く買っておく必要はありません。

必要な時が来たら買い足すほうが無駄にならず良いでしょう。

 

そして、授乳ブラにはいくつか種類があります。

まずは、大きく分けて二つ。

  • ノンワイヤーのもの
  • ワイヤー入りのもの
これは、好みで選んで問題はありません。支えられている感がほしければワイヤー入りのもの、気にならないのであればノンワイヤーという感じで考えてみてください。

 

そして、授乳口が全部で4タイプに分かれています。

・クロスオープン

こちらは、ただ下すだけで授乳できるタイプ。とても簡単で授乳のしやすさはNo.1ではないかと思います。

ただ、赤ちゃんの口からもれた母乳でブラが濡れてしまうことがあります。

 

・ストラップオープン

こちらは、カップの上の部分にストラップが付いているタイプ。

つけ外しは慣れると片手でできます。私はこのタイプを一番使用しています。

 

・フロントオープン

前にボタンが付いていて外れるタイプです。

この写真だと、カップの左上のストラップが外れるようになっていますが、フロントボタンだけしかなく、左右にぱかっと開くタイプもあります。

こちらは、赤ちゃんの顔に触れることがないので、母乳でぬれることはありませんが、激しい動作でボタンが外れてしまったことがあります。

 

・ウィンドウオープン

バストを固定したまま授乳することが出来ます。

大きいサイズの方にはお勧めです。

このタイプはネットでしか見たことがありません。

.

 

一番大切なサイズですが、アンダーはワンサイズ大きいもの、カップは深めのタイプで1~2カップ大きいものを選ぶのがおススメです!

 

母乳パッドは量の少ないものを1つ購入しておくと良いと思います。

使用しない場合もあるので、たくさん買っておくと無駄になってしまいます。

使用しない可能性かがあるのに購入しておくことをおススメするのは、

  • 乳頭保護の為に塗るピュアレーン(馬油)が直接ブラに付かないようにする為
  • 乳首が切れてしまった際に直接ブラに当たって擦れるのを防ぐため

この二つの理由があるからです。

乳首が切れていたりすると、ブラに触れるだけでも痛いので1つ用意しておくと乳首トラブルの際に役立つと思います。

余談ですが、ピュアレーンは妊娠中にマッサージをする際に塗って行うと乳首トラブルの予防にもつながります♪

出産前からやっておくのがおすすめです!

 

産褥ショーツ・生理用ショーツ

 

産褥ショーツは股のところがマジックテープで開くようになっているもので、出産当日、次の日くらいまで使用します。

その後は生理用のショーツで大丈夫ですが、悪露が多いと大きいナプキンをつけますし、産後すぐは体型は全く戻らないので普段履いているものよりワンサイズ大きいほうが締め付け感がなく使用しやすいです。

 

赤ちゃんの出産準備購入品

上の子の時に購入したものです。冬生まれなので冬仕様となっています^^

  • 肌着(コンビ肌着・短肌着) 60サイズ 6セット
  • カバーオール 50~60サイズ 3着
  • 靴下 7~9㎝ 3足セット1つ
  • 空気で膨らますベビーバス
  • ベビー布団のセット
  • エルゴベビーの抱っこ紐
  • チャイルドシート
  • おくるみ
  • 哺乳瓶 大・小1つずつ
  • ガーゼ 10枚2セット
  • 温度計 (沐浴用)
  • ボディーソープ
  • ベビーオイル
  • ボディークリーム
  • 赤ちゃん用爪切り
  • 綿棒
  • 新生児用オムツ 1パック
  • おしりふき
  • スタイ
  • 授乳クッション
  • カバーオールとは赤ちゃんが着る上下がつながっている洋服のことで、股下はスナップボタンになっていて、足が隠れるズボン仕様になっているものが多いです。

 

では、それぞれ選び方や使用して良かったものをピックアップして紹介します^^

 

肌着(コンビ肌着・短肌着)

あかちゃんの物は、おしっこやうんちが漏れてしまったり、吐き戻してしまったりすぐ汚れます。

1日に何回も着替えるということはよくあるので、肌着は最低でも5着は必要だと思います。

また、50サイズの肌着だとすぐ着れなくなるので、初めは大きくても60~70サイズの肌着がおススメです!

 

我が家は、私の肌が弱いので、遺伝していたら・・・と心配で赤ちゃんの肌に直接触れるものは全てオーガニック製品にしました。

おかげで乳児湿疹以外の大きな肌トラブルはなくてすみました♪

ママの肌が弱い場合には、肌着はオーガニック製品が良いでしょう。

>>安心安全のベビー用品はオーガニックコットンの【オーガニカリー】

 

おしりふき

おしりふきは、たくさん種類があって迷ってしまうと思います。

わたしも良いものに出会うまで何種類か使用しました^^

その中で水分量が抜群で厚手の使いやすいおしりふきを紹介します。

 

一つ目はコストコとアマゾンで取り扱っているおしりふき。

このおしりふきに出会ってからは、ほかの商品は使用できなくなりました。

1枚の大きさもとても大きく厚手で、水分をたっぷり含んでいるので時間がたってしまったうんちも強くこすらずにふくことが出来ます。

周りのママ友さんたちも使用している方が多いです。

ただ、大きいので持ち歩くのは少し大変です。自宅用として買うのがおススメです。

 

2つ目はパンパースのおしりふきです

 

こちらは、1枚の大きさはさほど大きくありませんが、水分量は多め&厚手です。

このおしりふきのいいところは、あらかじめ蓋が付いているところ!

サイズも大きくないので持ち歩きにとても便利です。

我が家はこの2つを外出用と自宅用に分けて使用しています。

 

出産後に早い段階からあったら便利だと感じたもの

ここでは今まで紹介した最低限の購入品のほかに、実際に出産をしてみて産後直ぐこれがあってよかった!というものを紹介します。

余裕があれば、産前から揃えておくのが良いと思います♪

  • スイマーバ
  • ウォーターサーバー

この二つは育児においては定番と言ってもいいほど、多くのママが使用しています^^

スイマーバ

お風呂に入れる際に赤ちゃんの首に着けて使います。浮き輪代わりですね♪

生後2か月から使えるので早く用意しておいても問題ありません。

これがあるだけで一人で赤ちゃんをお風呂に入れるのが劇的に楽になりますよ。

 

ウォーターサーバー

ウォーターサーバーは本当に重宝しました。

 

母乳をあげるので、水分は常に多めに摂る必要があります。

水や白湯が手軽の飲めるのは、とてもありがたかったです^^

赤ちゃんに白湯をあたえる、ミルクや麦茶を作る際にもサーバーがあれば簡単に作れますし、少量のお湯を使うことが多い離乳食ではとっても便利でした。

 

育児は手を抜けるところで手を抜かないと本当に大変です。

産後の体はボロボロなうえ、睡眠不足にもなります。

サーバーがあれば、パパも簡単にミルク作りが出来るので育児に積極的に参加しやすくなり、ママも休む時間が出来ますよ♪

 

クリクラママは妊婦さんを対象に、12Lのボトルを3本無料で提供してもらうことが出来ます!

3本使用してみて継続を希望する場合には、追加で6本(全9本)のボトルが無料で利用できます^^

ウォーターサーバーが必要かな?と悩んでいる方は、実際に使用してみて決めるのもいいのではないでしょうか!

無料で使用できるのはクリクラママだけ!試してみる価値ありですよ☆



ママ用の購入品についてのレビュー

 

ママの準備品で購入した物に関しては、必要最低限で揃えたので無駄なものありませんでした!

強いて言えば、とこちゃんベルトは立ったり座ったりするとずれてきてしまい、めんどくさくなって産後2週間くらいでつけるのをやめてしまいました。

二人目の時は、用意しておいたのにもかかわらずドタバタ過ぎてつけるのを忘れていました…

現在は開いた状態の骨盤を治すために骨盤矯正に通っています。

カラダファクトリーの産後骨盤矯正に子連れで行ってきました!

赤ちゃん用の購入品についてのレビュー

空気で膨らますベビーバス

購入したのが2年も前なので、全く同じものではありませんが、こういったタイプの物を購入しました。

使用期間は約1ヶ月

膨らますのもそんなに苦ではなく、使用もしやすかったです。

使用期間は短かったですが金額が2,000円しなかったので買って後悔はしていません。

ベビーバスはレンタルだと1ヶ月1,000円くらいなので、2人使用したことを考えればレンタルよりも安く済んだということになります。

これより少し高いものを買う場合にはレンタルのが安く済みます☆

 

ベビー布団のセット

我が家は布団で寝ているので、赤ちゃん本舗でお家で洗える布団8点セットを購入しました。

金額は20,000円くらいの物です。

使用期間は約半年

寝返りができるようになり、夜中にすぐ布団から落ちてしまう為大人用のシングル布団に買い換えました。

正直、ここまでお金をかけなくてよかったように思います。

添い寝で寝かせるのであれば必要ないかもしれません!

 

 

哺乳瓶

ありがたいことに、上の子も下の子も完母で育てられているのでほとんど使用していません。

小さいものは、旦那に預けて出かけなければならなかった時に1度だけ使用しました。

大きいものは完全に未使用です。

今では、お兄ちゃんのおままごとの道具になっています。

母乳が軌道に乗るまでは混合の可能性もありますし、もちろん母乳が出ない可能性もあるので小さいもの1つだけは購入しておいたほうがいいとは思います。

ですが、大きいサイズの物はすぐは使いませんし、退院後様子を見て買い足すのでも遅くはないと思います。

 

他の購入品に関しては、基本的に使用頻度も高く、買って後悔したものはありませんでした!

 

おむつ替えシートや、授乳ケープは買いませんでしたが、困ることもなかったです^^

授乳室がないところでどうしても授乳をする場合には、おくるみがボタン付きの物だったのでそれで代用しました。

 

ここで挙げた購入品以外にも、産後に買い足したものも多数ありましたが、出産後の必要なタイミングで買い足すのでも全然遅くないと思います!

最低限の物は買い忘れのないように気を付けましょう♪

 

買い物するときの心得

出産の準備は安定期に入ったら早めからしておいて損はありません^^

 

急に切迫流産や、切迫早産になって入院となる可能性もありますし、そうなった時に準備していなかったらパパが慌てて買いに行くなんてことになりかねませんよね。

そうならないためにも出産準備は安定期に入ったら少しずつ始めていくのがベストです。

 

出産準備品は、あれも必要、これも必要と準備リストに載っているものほぼ全て揃えてしまい、いざ産まれてみるとこれ必要なかったなというものが意外と出てきます。

出産も出産後もお金がかかりますし、余計なものにお金を使うのはとてももったいないですよね。

 

 

赤ちゃん用品は種類も多く可愛いため、必要ないかも?なんて思いながらもついつい色々な物を買ってしまうものです。

しかも、買い物しているときがすごく幸せなんですよ!!

ですが、上にも書いたように出産・産後はとてもお金がかかります

後々のためにも抑えられるところは抑えておく、すごく大切なことです。

 

買い物の際には是非次に挙げる3つのことを意識してみてください

  • 同じものでレンタルはないか
  • 他のもので代用はできるのか
  • 小さいものよりは大きいものを

これを意識した上で購入した物に関しては、無駄にもならず、後悔はしないと思います。

あんまり考えすぎてしまうと、せっかくの買い物も楽しくなくなってしまうので、ほどほどに考えていただいてママが楽しく買い物が出来るのが一番いいですね☆

 

 

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です