当サイト厳選のおススメ記事はコチラから♡

生後10か月で断乳を決意!夜間断乳の成功秘話(その1)

 

我が家の長男が夜間断乳を開始したのが生後10ヶ月の時。

おっぱいが大好きだった長男くんをこのタイミングで夜間断乳させた一番の理由は

 

「あまりにも寝なかった」からです。

 

母乳は欲しがるだけあげて良いと言われていたこともあり、夜中の授乳回数が多かったことを気にしたこともなく、授乳が原因で寝ないなんて考えたこともありませんでした。

 

そんな私が夜間断乳にふみきったきっかけ、そして夜間断乳は実際どのようにして成功したのかを時系列に並べてお話していきたいと思います。

 

生後10ヶ月、夜中に起きる原因は”授乳”だった!?

 

私が夜間断乳に踏み切ったきっかけは、

 

授乳が原因で子供が一晩ぐっすり寝ることができていないと知ったから

 

正確に言えば添い乳が原因ですね。

 

生後半年くらいから夜中に起きて授乳するのが辛くなり、添い乳を始めました。

それからは、夜中起きる度に添い乳をしていたので、気付いたらおっぱいをくわえていないと寝れなくなってしまっていたのです。

なので生後10ヶ月になっても、授乳が2時間~3時間おき。

私も長男くんも長く寝ることができず、さすがに辛かったことを覚えています。

 

長男くんを長く寝かせてあげたい!

私もそろそろ一晩寝たい・・・

 

という願望から色々調べた結果、夜間断乳することを決意!

夜中泣き止まなくて寝れないのではないかと想像していたので、旦那さんにも協力を求めるべく休みの前日からスタートさせました。

最終的に、夜間断乳をしたことによって一晩ぐっすり寝てくれるようになりました^^♪

夜間断乳を成功させる為に知っておきたいこと

夜間断乳か始める前に、これだけは知っておきたいという事を2つお話しします。

1.夜間断乳時のおっぱいのケア方法

夜間断乳するにあたって大事になってくるのが、ママのおっぱいのケアです。

夜間断乳を始めると決めると、

 

どうやって寝かしつけようかな?

何日くらいで成功するのかな?

 

など赤ちゃんの方に目が行きがちになります。

しかし、おっぱいケアをきちんとしないと乳腺炎になってしまい大変な思いをするので、忘れずにケアをするようにしましょう!

 

夜間断乳時のおっぱいケア方法
  1. 夜中におっぱいががちがちになって寝れない時は圧抜きをする!
  2. 寝かしつけ直前のお風呂は温まり過ぎない!
  3. 枕元には冷却シートを!

 

1.だいたいの人が初日の夜は張って痛みが出ると思います。そんな時に効果的なのが圧抜きです!母乳パッド又はタオルなどを用意し、乳輪の外側あたりをつまむように刺激し母乳を少し出してあげます。いろいろな角度で行い、全体的に均等に母乳を出してあげましょう。ただし、出し過ぎは禁物です!少し楽になったら終わりにします。

 

2.お風呂で体を温めることで母乳が作られやすくなります。寝かしつける直前に入る場合には、シャワーのみにしなるべく温まらないようにしましょう。

 

3.張ってしまったおっぱいは冷やすと少し楽になります。私は、初日の夜中は圧抜き後、朝まで冷却シートを貼りっぱなしにしていました!意外と楽になりましたよ^^

2.夜間断乳を失敗しないために守ること

夜間断乳をしようと決心しても、いざ始めるときになると上手くいかなかったら・・・と不安になるものです。

 

大丈夫です。夜間断乳は必ず成功します!

 

なぜ断言するのかというと、一番大切なのがママの気持ちだからです!

赤ちゃんは、今まで貰えていたおっぱいが急にもらえなくなることでたくさん泣くでしょう。

我が家もそうでした。

すぐ泣き止めば別ですが、長い時間泣かれているとママは辛いですよね。

そんな時って
[hukidashi name=”” icon=”https://chimama365.com/wp-content/uploads/2017/11/sleep_cry_woman.png” type=” left lp”]おっぱいあげたら泣き止んでくれるかな・・・[/hukidashi]

と気持ちが揺らいでしまうんです。

ですが、ここであげてしまったら夜間断乳は成功しません

 

ママが心を鬼にして、強い意思をもって、おっぱいをあげない!ということが大事!

 

 

夜間断乳は、最初の3日が大変と言われています。

だいたいが3日を過ぎて、遅くても1週間くらいするとおっぱいがなくても寝てくれるようになるので、開始して3日間は「絶対に成功させる」という強い意志をもって臨むようにしましょう!

 

夜間断乳の流れ

 

~我が家の夜間断乳1日目~

夕方まではいつも通りの生活をしていました。

  • 17時半 入浴
     
  • 18時 離乳食⇒授乳
     
  • 19時半 寝室に移動し最後の授乳
     
  • 19時半~20時
    絵本を読んだり、ゴロゴロしながらスキンシップをとる
  • 20時 寝かしつけ開始

    お昼寝をさせるときには、抱っこ×スクワット×子守歌で寝かしつけていたので、夜もこの方法で試してみました。

    案の定おっぱいを欲しがり泣き始めてしまい、疲れることを期待するもそんな様子はなく・・・

    しまいには、私からおっぱいの匂いがするのでしょう。

    服の上からちゅぱちゅぱと探し始め見つからなくて更に大泣き。

    ここで、旦那にバトンタッチ!!

    旦那が抱っこしてスクワットをし、私がとなりで歌うスタイルに。

    1時間くらいかけて寝かしつけることに成功しました。

  • 23時 泣いて起きる

    この時は、私も夫も起きていたので、先ほどと同じスタイルで寝かしつけをしました。

    泣きっぱなしでしたが、泣き疲れたのか30分くらいで寝かしつけに成功!

  • 3時半 泣いて起きる

    この時点で、4時間も寝てくれた(過去最長)ことに驚きを隠せず、早くも夜間断乳って最高じゃない?と思い始める。

    夫は寝ていたので私一人で寝かしつけ。

    長男くんも貰えないのが何となくわかっているようで、落ち着いた泣き方だったのですが、うとうとすると思い出したかのように号泣。

    なんだかんだ1時間くらい抱っこして寝かしつけしました。

  • 4時半 搾乳

    おっぱいがガチガチで痛かったので、タオルに搾乳し、冷却シートを貼って就寝

  • STEP.4
    6時半 ママ起床
     

このような感じで1日目は終了。

私は産後はじめて連続で4時間寝ることが出来て、断乳への不安な気持ちも一気に吹っ飛びやる気に満ち溢れていました!

しかしそれも夕方まで・・・

夕方からは、またあんなに泣かれるのか・・・と憂鬱に。。。

夜間断乳2日目に続く

生後10か月で断乳を決意!夜間断乳の成功秘話(その2)

夜間断乳初日を終えて

初日ということもあって、夜中の状態が全く想像できずとても不安でしたが、なんとかおっぱいをあげずに朝を迎えることができました。

疲労感とこの先の漠然とした不安はありましたが、この時はどちらかというと一度に4時間も寝たことに驚きすぎて夜間断乳のすごさに浸っていました^^

 

1日目を終えて、夜間断乳には夫の理解が必要、そして出来ることならサポートをしてもらうとなお、成功しやすいのかなと感じました。

もし、旦那さんのサポートが難しい場合には、断乳期間だけは別の部屋で寝てもらいましょう!

同じ部屋だと泣き声で起きてしまう可能性もありますし、起きるならまだしも、平然と寝ていられると本気で頭に来ます(笑)

ママのイライラは赤ちゃんに伝わりますので、泣き止まない原因にもなりかねません。

成功させるためにも、ママが気持ちに余裕をもって出来る環境が大切です^^

頑張りましょう!!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください